ワーケーションの提案

​ワーケーションの意義

テクノロジーや社会環境の急速な変化により、働く場所や時間にとらわれない生活が可能な時代になってきました。ここ数ヶ月で多くの企業がリモートワークを導入し、今後は一つのワーキングスタイルとして根付いていくでしょう。

そのような背景の中で、今後ワーケーションという働き方が注目を集めていくと考えられます。ワーケーションを導入する企業にとっては、それを前提としたインフラや制度の構築により、働き方の柔軟性が増し、企業の魅力度アップにつながります。また利用者にとっては、普段と違う環境にいることで、新しい出会いや学習の機会となり、自身の成長につながります。ワークライフバランスではなく、ワークライフミックスが今後のトレンドになっていくのではないでしょうか。

​沖縄の特性

沖縄は夏の観光地としての特徴以外に、冬季における避寒地、春先の花粉症対策など、他県には無い魅力があります。沖縄観光におけるオフピークの需要を、ワーケーションによって創出していきます。

 

このモデルが成功すれば、ひいては地方自治体の観光産業にとって、ワーケーションが大きな柱になる可能性もあります。地方創生のモデルケースを、沖縄から作れればと考えています。